刻、書、陶芸と奔放な才能を発揮。
稀代の食の達人でもあった北大路魯山人。
刻、書、陶芸と奔放な才能を発揮。
稀代の食の達人でもあった北大路魯山人。
Scroll

魯山人の目にかなう
風雅の息吹

芸術家だけではなく、美食家としても広く知られる魯山人。その世界観に魅せられた先代・福田マチは、「福田家」を 開業するにあたり魯山人から一から指導を受けました。北大路魯山人の考え方、美意識が色濃く反映された店。それが福田家なのです。

北大路魯山人と福田家

福田家で出逢う魯山人

魯山人

料理は芸術であると主張した魯山人の「料理」は、料理そのもののおいしさだけではなく、見た目の美しさや器、部屋や庭のしつらい、建物のありようや家具、掛け物、置物を含む総合芸術として語られています。目、鼻、口のほか、耳や触感などの五感を動員して、味と美の調和を味わう…それが食を楽しむ極意だと魯山人は説いています。

魯山人
魯山人

ひとときの心地よいくつろぎのために、ひたすら心を砕き、選りすぐりの素材を調理すること。虚飾のない、真心のもてなし。そこに、魯山人が提唱した食ともてなしの精神が生きているのです。

魯山人
close
close
close
close
close
close
close
close
close

紀尾井町 福田家

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1番13号

[ TEL ]
03-3261-8577 ※平日の電話受付は12:00~とさせていただきます
[ FAX ]
03-3261-1518
[ MAIL ]
info@kioicho-fukudaya.jp
[ 営業時間 ]
昼 11:30~14:30 ※昼の予約は火曜日から土曜日まで承ります。
夜 ご入店時間 17:00~19:30 ※土曜日夜席につきましては、10名様より承ります。
[ 定休日 ]
日曜日、祝日、土曜日(月1回) ※夏季・年末年始休業あり